就活ではモチベーション維持と相性である事

就活を成功させるコツの一つにモチベーションをいかに継続できるかがあります。エントリーしても説明会にすら行けない、何社受けても内定を貰えないと自分自身を否定された様で自己嫌悪に陥り、しまいにはメンタル面で病んでしまう人も少なくないのが就活です。自分自身が自信を失ってしまう事は就活をかえって難航させたり、採用に遠ざけたりする理由の一つでもある為、いかに希望する企業から内定するまで前向きに自分を出し切れるかが大切です。その為にはまず、企業が人間性を否定して不採用としているという事ではないという事に気づき、相性の問題だと割り切っておく事が必要です。

企業には求める人材があり、かけ離れた人材であるとまずは選考の時点ではねる事は大いにある話です。仮に面接にたどり着けたとしても、そこで働く人事との相性もあります。人事の方は採用者が実際に企業で働く姿を想像して合否を考える為、面接中に違和感を覚えれば今回は採用を見送るといった事もよくある話です。では相性が合うにはどうしたらよいかというと、ある程度の企業のコンセプトや求める人材を把握して努力する以外にあとは運しかないという事です。

就活を繰り返しているとどんどん自分の希望する職種や企業にブレが生じて最終的に妥協した所で採用されて納得がいかないまま入社するといったケースも多いです。妥協して決めてしまうと結局は数年持たずに離職するパターンが多いです。就活をする上でモチベーションを保ちつつ、自分の希望する業種にブレない事は希望する企業へ就職が近いと言えるでしょう。しかし、何度も不採用を繰り返すようであれば、今一度自分のやりたい事やこれまでの面接での対応を見直す必要があるでしょう。

その上でもしかしたら本当にやりたい事は違っていた、もっとうまく自分の意思を伝える言い方を見つけた等、試行錯誤して社会人になる一歩手前まで近づく事が出来ます。給与の日払いシステムのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *