出版会社専属のフリーランスがいます

出版会社は非常に忙しいために、全ての業務を自社のみで行うには非常に限界があります。そのために、取材は自社の専門部署が行いますが、取材をした内容を記事にするためにはフリーランスとして活動をしている人達に依頼します。しかし、フリーランスの人達の中には駆け出しの人達も沢山いるため、どんな記事でも認めているわけではありません。一つのテーマーに対して沢山の人が記事を書き、その中から出版会社が使える記事と使えない記事に分けています。

使えない記事に対しては対価を一切支払いませんが、使える記事に対してはしっかりと対価を支払い記事を買い取っています。記事を書いたときは記事の著作権は記事の作成者にありますが、記事を買い取った場合には記事の著作権は記事を買い取った出版会社に移ります。そのために、同じ記事を使い回しすることが一切できないシステムになっています。継続的に良い記事を書いているフリーランスを見つけた場合には出版会社は直ぐにオファーをかけて専属のライターとして契約をしています。

ですが、フリーランスにも得意分野と不得意分野があるために数人の人と契約をして得意分野としている人へ記事の作成を依頼して出版会社は雑誌を作成しています。出版会社にはライター希望者が沢山訪れますが、ほとんどの人が文章力がないために、インターネットで記事を募集してその中の人から優れた人材を集めることから専門のスカウトマンが所属しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *