フリーランスは確定申告をすることで節約ができます

通常は確定申告をしても自宅や普段使用しているパソコンなどの税金が戻ってきません。しかし、フリーランスの場合には自宅で仕事をし、パソコンを使用して仕事をしているために必要経費として税金が戻ってきます。自宅の家賃も必要経費にできるとは言っても家賃の全てを経費にすることはできずに、一部のみを経費として認められます。この場合には普段仕事をするスペースを明らかにする必要がありますが、あくまでも形だけなので申告をする場合にスペースを指定しておくことです。

自宅で仕事をするということで電気代や水道代などの光熱費も経費として認められる傾向があります。しかし、持ち家やローンを組んでいる場合には必要経費としては認められないので注意が必要です。パソコンが必要経費として認められると言った高額なパソコンを購入すると経費になりません。パソコンの場合には10万円未満の場合のみ必要経費になるので、11万円以上のパソコンを購入すると必要経費にはならないので、フリーランスをする場合に購入するパソコンは10万円未満の物を選びましょう。

裏技として11万円以上のパソコンを購入する場合にはモニターを10万円未満にして本体も10万円未満にして別々に申告をする方法があります。この裏技を使うことで20万円のパソコンを購入して必要経費にすることが実現します。フリーランスをしている人は確定申告の際に必要経費になる条件を知っておくことによって大きな節約ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *