フリーランスとして働くためのこころがまえ

どこの業界においても、初めはどこかの企業で知識や経験を積み、やがて独立して働きたいと思う人は多いです。いわゆるフリーランスとして働くためには、一般が思っている以上の努力をしなければなりません。たとえば、フリーランスは自分だけで会社を経営したり、仕事をとってきたりしなければなりません。また、本来であれば企業の各担当者が行う税金の調整や報酬の取り決めなど、複雑で高度な作業も自分一人で行うことになるでしょう。

要は、たとえ本業の知識や技術が十分であっても、その他の経営技術や経理の基礎知識、広い人脈などを有していなければ、フリーランスとして働くことは非常に困難です。これらを身に付けるためには、とにかく雇われている時代から様々なことを勉強する必要があり、また将来独立する意思がある場合には、経営や税金の基礎をこつこつと勉強しておくとより効果的です。フリーランスとして活躍する方法としては、たった一人で事業を立ち上げたり、経営を回したりしていくだけでなく、数人の仲間と共に行っていくことも挙げられます。この場合は、それぞれが役割を決めて立ち回ることにより、一人一人の負担が少なくなるので、より働きやすくなるでしょう。

ただし、ビジネスは学校やサークルのような仲良しグループではないので、あまりにも慣れ親しんだ友人などとタッグを組んでしまうと、次第に馴れ合いが生じてしまうなどして、フリーランスとして活躍することの障害になる可能性があります。したがって、仮に数人の仲間とフリーな活動を始めようとする場合には、きちんとした目的を持ち、かつ緊張感を保つようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *