給与日払いと前払いの違いは?

給与日払いと前払いは混同されやすいですが、両者は厳密に言うと異なるサービスです。日払いとは、その日に働いた分の給与を全額受け取ることができます。例えば、建設現場などで8時間働いて、日給が8、000円だったとします。すると、その日のうちに8、000円全額が現金で支給されます。

会社によっては銀行振り込みになっていることもあります。振込手数料や制服代、クリーニング代などが引かれることもあるので確認しておきましょう。必ずしも即日で振り込まれるとは限らず、2日~1週間程度待つ必要があることもあります。一方の前払いサービスは、働いた分の給与の全額ではなく、一部だけを受け取ることができます。

一般的には5、000円~1万円程度を必要な分だけ利用します。冠婚葬祭などで急なお金が必要になったときなどにありがたいサービスです。システム手数料として3%から6%程度が引かれることもあるので注意しましょう。福利厚生の一環として会社がコストを全額負担しているケースもありますが、手数料は従業員が負担するようになっていることもあります。

また、勤務形態についても違いがあります。日払いは建設現場や繁華街でのナイトワークなどでよく利用されるようです。勤務形態はアルバイトや派遣となっています。それに対して、給与前払いサービスは主に正社員が利用できるサービスです。

福利厚生なので、正社員が最も恩恵を受けられます。会社によっては契約社員でも利用できることがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *