離職防止対策はふたつの側面から!

終身雇用制度が崩れた現在、企業にとっての大きな課題のひとつが離職防止ということです。

事実、新卒で入社した新入社員の3年以内の離職率は毎年増加傾向にあります。新入社員の教育に莫大な費用を掛けている企業からしてみれば、せっかく一人前に育てたところで会社を辞められることになり、また一から他の人材を育てなければならなくなるため大きな損失が生まれることになります。離職防止の方法としては、ふたつの側面から考える必要があります。そのひとつは社内の空気や居心地という点ではないでしょうか。

いくら給料等が良くても、職場の雰囲気が悪ければ新人の仕事に対するモチベーション低下に繋がってしまいます。定期的に社内でアンケート等を行い、社員が抱えている問題点を洗い出し改善に向けて動くというのは有効な手段となるはずです。状況によっては課員を纏めるというポイントから、課長クラスのブラッシュアップ研修等が成功に繋がることもあります。

もうひとつは、福利厚生面を更に充実させるというところです。賃金アップが難しければ例えば給与前払いシステム等を導入するという方法が考えられます。実際予期せぬ出費で困ったという経験がある人は少なくなく、企業側からも給与前払いシステムの導入後に離職防止の効果が現れただけでなく、求人が増えたという声が聞かれています。応募者が増えれば、その中から優秀な人材を確保しやすくなるという大きなメリットが望めるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *