離職防止には人間関係もチェック

仕事を覚えたり慣れてきた段階で、離職をしてしまうケースは珍しくありません。

離職する理由は様々にありますが、その要因として見逃されがちなのが、職場での人間関係です。人間関係は職場の雰囲気を大きく左右するだけでなく、仕事そのものへのモチベーションに関わってきます。また、社員が離職を決断する場合には、残念ながら社内でのいじめがきっかけなこともあります。知らないうちに、パワハラが横行している可能性も考えられます。人間関係を良好に運用することは、結果的に離職防止には効果的です。

社内の人間関係には小まめに目を配り、トラブルの有無などをチェックすることで離職防止を図りましょう。さらに、人間関係のトラブルを未然に防ぐには、上層部に相談しやすい環境づくりが大切です。上司に言っても無駄と思われたり、解決にならないと判断された場合には、やむを得ず離職する可能性が出てきます。常に部下の相談や悩みを受けとめられる体制を整えておくことが、離職防止のポイントになります。

ただし、無理に聞き出したり目立つような行動を取るのではなく、他の社員に影響を及ぼさない注意力も必要です。プライバシーには必ず配慮してください。物理的な環境づくりもお勧めです。デスクの配置は、人間関係に意外な影響を及ぼします。社内でも社員が移動して仕事が出来たり、リフレッシュできる空間を作ったりしておくと、ストレスが軽減されます。離職防止にも効果が見込まれる方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *